富士市予防接種情報提供サービス

予防接種を受ける前に

予防接種は、個人が感染症にかからないようにし、社会全体で感染症が流行することを予防するためにワクチンを接種するものです。定期予防接種のワクチンは、国により疾病の予防効果と一定の安全性が確認されていますが、接種により副反応として一時的な発熱や接種部位の発赤などが現れることがあります。ワクチンの効果と副反応を理解し、より効果のあがる標準年齢に接種することをお勧めします。
 万一、定期予防接種を受けて重篤な副反応が発生し、厚生労働大臣が予防接種法に基づく健康被害と認定した場合には、予防接種法の規定により健康被害救済の給付が行われます。


●予防接種の種類
【定期予防接種】
・予防接種法に定められた対象年齢、接種回数、接種間隔に基づいて実施されます。
・接種費用は無料です。
・予防接種実施医療機関にあらかじめ予約をして、母子健康手帳、保険証、予診票・接種券をお持ちになり接種を受けてください。

≪予防接種ワクチンの種類≫ 
 ヒブ・小児用肺炎球菌症・四種混合・BCG・麻しん風しん混合(MR)・水痘(みずぼうそう)・日本脳炎・二種混合・子宮頸がん予防・三種混合・不活化ポリオ
※予防接種の対象年齢や接種回数については、各予防接種のページをご覧ください。

【任意予防接種】
・接種費用はすべて自費です。
・予防接種実施医療機関にあらかじめ予約をして、母子健康手帳、保険証をご持参のうえ接種を受けてください。
≪予防接種ワクチンの種類≫
 B型肝炎・ロタウイルス・おたふくかぜ・季節性インフルエンザ




●異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔
【生ワクチンを接種した後】
 27日以上の間隔を空けて、次の予防接種を受けてください。
≪生ワクチンの種類≫
 BCG・麻しん風しん混合(MR)・水痘・ロタウイルス・おたふくかぜ

【不活化ワクチンを接種した後】
 6日以上の間隔を空けて、次の予防接種を受けてください。
≪不活化ワクチンの種類≫
 ヒブ・小児用肺炎球菌症・四種混合・日本脳炎・子宮頸がん・三種混合・不活化ポリオ・B型肝炎・インフルエンザ

≪戻る